子ども劇場は1966年6月に福岡で誕生し、その後全国に広がっていきました。活動は子どもの年齢に応じた、生の舞台の鑑賞と会員同士のつながりや子どもを主役にした自主的な活動(自主活動)を二本の柱に、子どもの感性や創造力を育てています。しかし近年、スマートフォンなどの電子メディアの急速な普及により、子どもの心と体の発達に影響がでています。メディアを通したつながりではなく、人と人とがつながることを大切にしています。子どもの豊かな成長を願い「子ども・文化・地域」をキーワードに、人と人とのつながりのなかで共に育ちあう環境づくりをすすめています。